代表 小野潤二 

1958年 大分県出身

1974年 大分県立中津工業高校電子科卒。

1978年 千代田テレビ技術専門学校、放送芸術科卒

1978年 TVC山本 入社
 
                


1982年、フリーとなり、テレビ番組、CMの同録やドキュメンタリーのENG取材の音声で生計をたてる。日テレのドキュメンタリー
      特集をドキュメンタリージャパンなどで経験を積む。


1984年、六本木ビデオセンター入社。MA三昧の日々を過ごす。主に日本テレビ系の番組の仕事が多かった。この頃はまだ3/4
      インチのワークテープを見ながらOTARIの8チャンネル1/2インチアナログテープをエレコンでシンクさせる方法であった。
      完全にシンクするまで8秒かかった。その後すぐにSTUDERのA-80をアダムスミスでシンクさせる方法に変わった。
      このシンクタイムが3秒以内で仕事が大変楽になった。しかし2インチのテープが30分しか回らず、CMのタイミングで
      ロール分けしていた。2時間番組だと5本ぐらいかけかえていたように思う。第二MAルームをMCIの卓とSONY3324で
      増設。これが福岡にくるきっかけとなる。
       SONYのOXFORDにフェアライトというシステムになったが、残念この会社は今はもうない。
                                                    
               
         



1987年 福岡のメディア21入社。六本木ビデオセンターと同じ設計。同じ機材であった為、当時のSONYの方からの紹介であっ
      た。そのころ福岡でMCIの卓と3324をアダムスミスでシンクさせるというスタジオはなかった。まさにMAの草分であると思う。
      九州に帰って来て東京との仕事のやり方の違いに少し手間取った。東京では効果さんとMAとは分業だったが福岡ではMAスタ
      ジオのスタッフが効果選曲までこなさないとならない。しかしこれが東京スタイルよりも良い勉強になったと思う。主に記
      憶にある仕事は、KBCの「栗の助の釣りランド」と「九州街道物語」である600本はやったと思う。

                     

2004年 福岡市赤坂の(株)戦略会議内にスペースをお借りしてMAスタジオを個人でオープンする。コンパクトで良いスタジオ
      だったが諸事情で1年で引越しすることとなる。その後福岡市薬院にMAスタジオセレスという屋号でオープンし現在に
      至る。
         


2005年 セレス薬院8FにMAスタジオセレスを設立
2008年 大林フローラB1に第三MAルームオープン。

2011年 セレス薬院804号室に第二MAルームをオープンした。

2011年11月 法人化し名称を「MAスタジオセレス株式会社」とした。
 
2016年1月 福岡市天神5−5−19に第三MA室を移設。

ようこそMAスタジオセレスへ

連絡先

第一MA室

第二MA室

第三MA室赤い風船ビル